FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zippoメンテナンス

たまには、偉そうに少しお役に立てるようなのを書きたいと思います(笑)
今回は・・・Zippoのオイルライターのメンテナンス!
偉そうに言っておりますが、簡単なメンテナンスしか知らないので
詳しい方は生暖かい目で見守ってやってください(-_-;)

さて、皆さんの中にもZippoユーザーがいらっしゃるのではないでしょうか
世界で一番有名なオイルライターですね
喫煙だけでなく、アウトドアなんかでも使える万能ライター

そんなこいつと付き合っていきますと必ず経験するのが
「うわ!火ぃ着かへん!!!」
というトラブルです。
今回はそんなトラブルの回避法をご紹介します

今回メンテ入りしたのはコレです。
吸いませんが、パイプ用のライターなので
風防の形状がちょっと変わってますよね。
ウィックが丸見えなので風防性皆無ですが、お気に入りの形です


まず、火が着かない主な原因はオイル切れですが
オイルを入れたのに付かない!という場合もあります
P6120438.jpg
その場合はチムニー(風防)の中を覗き込んでみましょう
黒いススが大量についている場合はそれをZippoオイルを馴染ませた綿棒などでふき取ってください
大概はこれで火が着きますが
ごく稀に、ウィック(火の着く芯の部分)に異常があり、オイルを効率よく吸い上げられていない場合もあります。
その時は、中に入ってるウィックが正常な状態になっているかを確認しなければなりません

↓まずフリントを入れる部分のマイナスネジを外します。
P6120437.jpg
P6120439.jpg
中に入っている綿(レーヨンボール)を上から順番にピンセットなどで引き抜いていきます
P6120441.jpg
レーヨンボールはこの順番でしか収まらないような形状なので、かなり注意です
しかも、ひとつひとつに天地があるので、それもしっかり記憶しておきましょう
P6120440.jpg
引き抜くとウィックが見えますね
このウィックにもたまにハズレがあり、断線しかけている場合があります。
その時は、コンビニやタバコ屋さんなどで売っている純正のウィックに交換してください。
後は、ウィックを綿と綿の間を蛇行するように這わせればOKです

着火率アップと燃費向上の効果もあるので一石二鳥です

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。